9月例会の報告

平成21年9月20日 草津まちづくりセンター  

   午前9時40分~午後16時30分まで   

内容  
午前「臨床あれこれ」          久保田浩彦先生 
   「肺の生理について」        木村知恵先生                
        
午後「取穴」      
   「奇経治療」      
   「基本刺鍼」       
   「小里方式」
  

午前
今月は、二木清文先生による挨拶であった。始めに、八月末に行われた岸田美由紀先生著書の「ていしん入門」に基づくDVD撮影のお話であった。詳細に書かれた本の内容が、映像としても補われるという事は伝わるものが大きくなるであろうと、期待溢れる内容であった。次に、先日鳩山首相が就任されたということから政権交代を経て政治の大きな移り変わりが我々にどのような影響があるのか等お話し頂いた。そして、最後には二木先生が先日老人ホームの慰問に行かれた話からその後実際に臨床室に入られ感じられた指圧・マッサージ施術後の鍼灸術手技への影響性・感覚の発見など話され、多岐に渡るないようであった。

午前、最初の講義は久保田浩彦先生による臨床あれこれであった。病院でお勤めの久保田先生は、今回臨床室から「糖尿病(DM)」のお話をしてくださった。見事にまとめ上げられた資料を基に、糖尿病の詳細から、すぐにでも検診の目安が分かる日頃の危険度チェック一覧表を合間に入れたりと聞き手も参加型のお話で、楽しみながらもしっかりと学ぶことができた。その他にも、食事・運動に関する簡便な表を資料に織り込んでくださったことから、とても分かりやすいご講義であった。近年、日々近代化が進む世の中で、生活が便利になったことから運動不足・食レベルの低下などに繋がり増加していくばかりの糖尿病患者数。多くの先生方が臨床室でも糖尿病と闘う方と出会う機会が多いのではなかろうか。そのような中、久保田先生のご講義は、すぐにでも臨床に役立つ知識の蓄えとなったのであった。

次に、木村知恵先生による「肺の生理ついて」であった。肺の古典講義風景2での位置づけや、働きから肺と各臓との関係、それから病理までお話し頂いた。ご自身の症例もあげながらのお話で、実に分かりやすく、その後は各自風邪のの予防法を参加者の先生方からも伺えるなどわきあいあいとしつつも今後の感染症予防の姿勢の変化にも繋がる充実した時間となった。木村先生は愛用されているまいマスクでの予防法を紹介され、最近の気候の変化にも負けぬよう、まずは自己管理を徹底して行かねばと感じたのであった。最近の身の回りの旬の果樹の変化や、この会場に来られる際には秋風を感じつつ向かわれたお話などさわやかな挨拶を去れ、始終秋風に包まれるような柔らかい空間でのご講義であった。
 

午後 
午後は、まず膀胱経・心経の取穴からであった。膀胱経では、足で取穴風景の取穴法として、赤白肉間という言葉が出てくる。理解しているようで少しあやふやになりがちであるが、今回これの見極めが容易にできる法を学ぶことができた。触れながら感覚を澄まして見極めてゆき、その後改めて目で見てみても赤肉と白肉間の境目がハッキリと理解できた。次に、奇経治療を行った。それぞれのベットに別れ、肩上部のこりや、腰部の症状などがあげられるなか、治療の即効性の再確認を実感したのであった。奇経治療ならではの経穴取穴では本来の経穴にプラス、比較としての取穴についても学ぶことができた。奇形実技の中でも特に、ベテラン先生の素早いツボの確認が印象的であった。効果を改めて感じることも大切ながら、毎回の実技でベテランの先生の触診姿や、手技風景を間近に見て、感じて学べることは実に貴重であることと感じたのであった。

次は、お腹に基本刺鍼を行い、手技の確認を行った。この際、一基本刺鍼実技風景本の鍼で脈・腹・肩上部までとても大きな変化が出る。この三点セット以外にももちろん情報源は多々あるが、この腹部での刺鍼は、見事に手技レベルが現れる。この基本刺鍼では、研修会ではお互いの身体から学ぶが、自分の腹でもできることから腹部での修練を欠かさない事で手技レベルの向上に直結する。まず腹診・切診からからだが欲する手技を予測してから行った。身体が必要としない手技では、理の開きや腹部が堅くなったりととてもハッキリと変化が現れた。先日の夏期研でも二木先生がこの修練の必要性を強く訴えられていたように、修練を怠らぬなら必ず身となるのがこの画期的な修練方法であるのだ。手技レベルの向上としてこの重要性がひしひしとみに浸みる充実した時間であった。

午後の後半は、今回も小里方式ではベッド三台に別れ、それぞれのベッドでベテランの指導者の先生の導きを受けながら病理をつかみ証決定へと移ることができた。そして、聴講生ベッドでは生内先生ご指導のもと、実際に治療を受けられた参加者の先生にはご自身のみを持って身体の変化を感じて頂くことができた。今月の例会も皆で共に学び、考え、意見を投じあい、感じることで新たな発見も多く一人一人にとって得るものが大きな例会となった。

domain owner info

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA